バンコク中心部での再開発と不動産価格
トップページ > バンコク中心部での再開発と不動産価格

バンコク中心部での再開発と不動産価格

2014年06月13日(金)2:18 PM

プロンポン駅前再開発不動産の価格上昇の要因の1つとしてインフラ整備、再開発が上げられます。

2015年のASEAN統合に向けて、バンコクの中心部「プロンポン」において超大型再開発が目白押しです。

第2のエンポリアムこと「エムカルティエ」が年内にオープン。
 
そして、2016年には、ベンチャシリ公園の横に、
「エムスフィア」という第3のエンポリアムが完成し、プロンポン周辺は一大ショッピングエリアが形成されます。
 
さらに、BTSプロンポン駅北に、建設中の高層オフィスビルは、年内に完成予定。
最新のハイテクビルでアジアの大手企業がテナントとして、殺到すると考られます。

「エムポリアム」、「エムカルティエ」、「エムスフィア」の合計の敷地面積は約8ヘクタール、床面積は65万平方メートル。

大規模再開発に伴い、周辺の地価は相当な割合で上昇するものとみられます。

当然、プロンポン周辺(中心部)のコンドミニアムの価格は、今後更なる上昇傾向となります。

現在プロンポン周辺の新築コンドミニアムの相場は160000バーツ~180000バーツ/平米です。

※日本円で坪単価が160万円~190万円

 



«   |   »

過去の記事