格安物件への投資
トップページ > 格安物件への投資

格安物件への投資

2014年10月25日(土)12:17 AM

格安物件不動産投資は、実は入口(購入)の段階で投資として成功するか失敗するかほぼ決まってしまいます。

それほど、どの物件の、どの方角の、どのサイズの部屋を購入するかは重要になってきます。

特に最近相談が多い、「格安物件」への投資に関してです。

100万バーツ台~購入できますという新興デベロッパーの駅遠物件ですが、

結論から申しますと当社では一切おススメしておりません。(当然1件もご購入頂いておりません)

理由は

①管理が期待できない(資産価値の下落)

⇒メンテナンスが期待できなく経年劣化が激しい

②賃貸付けが難しい(家賃の下落)

⇒築年数が経過するにつれ、賃貸付けが困難になります

②出口が見えない(将来の売却が困難)

⇒売却に苦労します。

1⇒2⇒3と結果が予想できます。

 

海外に不動産を持つというのが目的の場合はよいのかもしれませんが、

投資として考えた場合は極めてリスクが高い投資と言えます。

 

投資はリスクをなるべく減らし、手間を減らすのが理想ではないかと考えます。

優良物件で、賃貸付けが容易な物件を購入する事がベストな選択だと思います。

 

※画像は本文とは関係ありません



«   |   »