2015年のバンコク不動産投資の方向性
トップページ > 2015年のバンコク不動産投資の方向性

2015年のバンコク不動産投資の方向性

2014年12月18日(木)9:06 AM

御無沙汰しております。

不動産市況に動きがなかったのではなく、11,12月とお客様が沢山来客されました。

2014年の後半の傾向としては「割安なリセール案件」を購入し、すぐに賃料収入を取りたいという

お客様が急増しました。

CBREのレポートによると、バンコクのCBDの購入コンドミニアムは依然外国人投資家の購入が旺盛との事です。

来年度はプリセールの物件価格が平米20万バーツを超える物件が多くなってくることが予想され

来年度はこの動きが更に顕著となってくるでしょう。

特にCBDの駅近、高層物件、高級コンドミニアムという物件は高さ規制もあり希少価値が高い物件となっていきます。

2015年はリセール物件でそのようなUNITを1本釣りで購入していくのが割安に投資価値の高い物件を購入できる

ポイントとなっていくと予想されます。

投資コンサルテイングと物件視察は来年度もご予約受付中です。



«   |   »